日本最大級の動画サービス「niconico」の「ニコニコ生放送」は、4月11日(土)から開始した東大寺東大寺盧舎那仏像こと奈良の大仏のリモート参拝ができる生中継を、新型コロナウイルス感染症緊急事態宣言解除に伴う東大寺大仏殿の通常拝観の開始をうけて、6月1日(月)に終了します。

新型コロナウイルスによる緊急事態宣言解除後の次なる準備について今、日本がすべきこと、できることについて

株式会社D2C X(本社:東京都中央区、代表取締役:萩原 良、以下D2C X)が運営する訪日外国人観光客向けWebメディア「tsunagu Japan」では、Withコロナ・Afterコロナを見据えた情報発信として、安心・安全対策特設ページ『Traveling Safely in Japan』(https://www.tsunagujapan.com/traveling-safely-in-japan/)を開設いたしました。

新型コロナウイルスが収束していく過程を含めて終息後の世界をアフターコロナとした場合、旅行業界が迎える変化を考察します。

プラネットとTrue Dataは、新型コロナウイルスの感染拡大の影響によりインバウンド消費が激減している状況の中、3月23~25日にかけて、中国の訪日リピーター644名(訪日経験3回以上かつ1年以内に訪日した男性:323名、女性:321名)を対象に日本製品についての意識調査をインターネットにて実施した。

緊急事態宣言が5月31日まで延長され、休業や休校などが引き続き求められ生活に様々な影響が大きく出だしている状況であるかと思います。

新型コロナウイルスの影響で不要不急の外出を控える動きが定着、また予定されていたさまざまなイベントが中止となり、企業によっては在宅勤務への切り替えが進められるなど、これまで多くの市民や観光客で活気に溢れていた別府の街は今、普段の賑わいを失いつつあります。

世界中でテレビ、オンライン動画の視聴数が増加 新型コロナウイルスの影響で世界中でStayHome状態となっています。その為、アフターコロナに向けたインバウンドプロモーションにとって動画配信が有効な施策の一つとなります。

歴史文化を活かした「国際競争力の高いスノーリゾート形成」のワークショップでデジタルを活用!

さらに表示する