インバウンドニュース

東京で爆買いし、箱根と富士山に寄って京都に入り、最後は大阪のUSJで遊んで帰る。そんな中国人観光客のゴールデンルートが変わりつつある。目指すは地方だ。何のために?
国土交通省は10日、全国の「道の駅」の機能を充実させるための案を有識者会議に提示した。
外国人旅行者が興味を持つのは、“日本の日常”! 日本を訪れる外国人旅行者が急増しています。
政府観光局(JNTO)が発表した「訪日外客数(訪日外国人数)の年間推計値(PDF)」によると、2018年12月時点の観光客数は前年同月と比べ、約11万人増加の263万2,000人と過去最高を記録。
2019年4月6日、人民日報は、日本メディアの報道を引用し、日本ビザの申請がオンラインでも可能になると伝えた。
観光庁は、3月29日、インバウンドの医療に関する実態調査、ならびに受け入れ環境の整備強化を行ったことを発表しました。
大型バンなどを、暮らしや仕事の場に利用する人たちがじわじわと増えている。
「たこ焼き店がお好み焼き」のなぜ  ホットランドは傘下のたこ焼き店「築地銀だこ」と、たこ焼きと一緒にアルコール類を提供する「築地銀だこ大衆酒場」で、“お好み焼き”を強化している。
「今、フィギュア転売をするなら中国人など外国人相手じゃないと儲かりません」と語るのは、東京・秋葉原でフィギュアを転売して稼ぐ転売ヤー。訪日外国人観光客は年々増加し、2018年は前年比8.7%増の3,119万2千人。フィギュア転売で外国人相手に儲ける最新テクを見ていきしょう。
県は富士山噴火などを想定し、新年度に外国人観光客を対象とした避難訓練を実施する。

さらに表示する