インバウンドニュース

JR東日本は5月8日、東京と伊豆を結ぶ路線に観光特急列車として新車両E261系(8両編成)を投入することを明らかにした。
プロレス団体の新日本プロレスリング(東京・品川)は6月1日付で、タカラトミー前社長のハロルド・メイ氏(54)を社長に迎える。
<インバウンドの波は、マラソンイベントにも押し寄せている。モノ消費からコト(体験)消費へ。外国人ランナーの需要を喚起する「スポーツ×観光=スポーツツーリズム」の潮流は、日本の地域経済活性化の切り札となるか>
国土交通省が進める、インバウンド(訪日外国人)が手ぶらで観光できる環境整備が広がっている。
 住宅で宿泊事業を行う「民泊」の新法施行により、全国の住居専用地域で民泊が開設できるようになる。
2018年4月3日、中国メディアの環球網は、今年1〜2月に日本を訪れた外国人客を国・地域別に見ると、韓国が中国を上回り最も多かったと報じた。
外国人旅行客が日本に来る「インバウンド」という言葉が注目されるようになってから久しいが、いち早く外国人観光客の取り込みに成功している温泉地がある。
子供の時分、湯田中渋温泉には芸者さんが町並みを歩いている光景がごく普通でした。実家が置き屋をしていたので、物心ついたときから、何の抵抗もなく芸者さんとふれあっていました。
今月13日で開業から30周年を迎えた青函トンネル(全長53・85キロメートル)。多くの旅客や貨物を運ぶ海底“大動脈”は、交流創出や生活を支える役割を担ってきた。
日本を訪問する外国人観光客(インバウンド)は年々増加しています。政府が掲げる観光立国実現に向けて、インバウンドをターゲットに夜の娯楽を充実させて消費活動を喚起するナイトタイムエコノミーに注目が集まっています。カジノを含む統合型リゾート(IR)なども検討されており、将来的に年間4,000億円規模に成長すると期待されるナイトタイムエコノミーについて解説します。

さらに表示する