インバウンドニュース

新型コロナウイルス感染症の流行で、ストリップクラブがストリッパーを派遣するデリバリーサービスを開始したりと、これまでのビジネスを変えざるを得ない状況に追い詰められている人や企業が多く存在します。
観光業はどうやって生き残りを図るべきか 新型コロナウイルスの影響で日本を訪れる外国人観光客の数が減っている。京都も浅草も鎌倉も歌舞伎町も……ここ近年の賑わいをすっかり失い、一部では外国人観光客の大量キャンセルにより廃業を余儀なくされたホテルも出たという。
観光庁 新型コロナウイルスによる対応、約36億円の予備費使用3月10日に閣議決定
3月11日、東日本大震災の発生から9年を迎えた。復興の道はまだ半ばだが、あらゆる面で取り組みが続けられている。観光においても、このほど観光庁がまとめた2019年の宿泊旅行統計調査の速報値において、東北6県の外国人延べ宿泊者数が155万8千人泊となり、政府が定めた目標を1年前倒しで達成。
One Asiaのビジョンをかかげ、アジアを舞台に、エアトリ旅行事業、訪日旅行事業、ITオフショア開発事業、ライフイノベーション事業と投資事業を手掛ける株式会社エアトリ(本社:東京都港区、代表取締役社長 兼 CFO:柴田 裕亮、証券コード:6191)は、20代~70代の男女967名を対象に「人気観光地」に関する調査を実施しました。
恐ろしい速さで拡大する新型コロナウイルスの影響で日本全体の観光地が閑散としており、どこもかしこも大打撃を喰らっています。どうしたものか...と頭を悩ませる人達が沢山いる中、開き直りともとれるたくましい
和歌山県田辺市龍神村で2月中、インバウンド(訪日外国人観光客)向けの観光資源を検討するためのモニターツアーが実施され、外国人らが散策や体験をしている。
「日本の良いところ・悪いところは何ですか?」 「あなたの強み・弱みは何ですか?」と聞かれて即答できる人は一体どのくらいいるのでしょうか。
中国・武漢に発祥したとされるコロナウイルスによる新型肺炎が世界的に流行の兆しを見せている。
国土交通省は23日、2019年にクルーズ船で来日した外国人旅行客(速報値)が前年比12.2%減の215万3000人だったと発表した

さらに表示する