カテゴリ:アフターコロナ



新型コロナウイルス禍においてインバウンド旅行に限らず外国人集客のキーとなるプロモーションチャネルとは!?

飲食店のアフターウイズコロナ、季節対応や未来の集客を見据えて行うべくポイント

新型コロナウイルスの影響で延期された東京オリンピック/パラリンピック。after/with コロナでの開催に向けて必要な集客について考える

after/with コロナ時代をどのように観光業は集客し街や国の成長を止めずに生き抜いらた良いかの提案・支援


新型コロナウイルスによる緊急事態宣言解除後の次なる準備について今、日本がすべきこと、できることについて

新型コロナウイルスが収束していく過程を含めて終息後の世界をアフターコロナとした場合、旅行業界が迎える変化を考察します。

プラネットとTrue Dataは、新型コロナウイルスの感染拡大の影響によりインバウンド消費が激減している状況の中、3月23~25日にかけて、中国の訪日リピーター644名(訪日経験3回以上かつ1年以内に訪日した男性:323名、女性:321名)を対象に日本製品についての意識調査をインターネットにて実施した。

世界中でテレビ、オンライン動画の視聴数が増加 新型コロナウイルスの影響で世界中でStayHome状態となっています。その為、アフターコロナに向けたインバウンドプロモーションにとって動画配信が有効な施策の一つとなります。

宮城県の東松島市は、市内の観光名所や特産品を紹介するPR動画を2本制作し、インターネットで公開している。多言語に対応し、訪日外国人旅行者(インバウンド)に市の魅力を売り込む。