ブログカテゴリ:インバウンドニュース



毎年暑い夏が続き、2020年の東京五輪開催は危険なのではと懸念される昨今。「増加の見込まれる訪日外国人が、東京の暑さをどのように感じているのか」という、興味深いデータをダイキン工業が公開しています。
中国ではECであれ店頭であれ、商品が偽物ではないかという疑念を抱く消費者はいまだに少なくありません。
プレスリリース · 2019/07/26
無料で読める電子雑誌を発行する株式会社ブランジスタ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:岩本恵了、証券コード:6176)は、旅行電子雑誌「旅色」の別冊として、内田理央さんがナビゲートする福島県白河市とタイアップした「旅色 -白河市[福島県]-」を公開
百戦錬磨のグループ企業であるKessha(ケッシャ)株式会社、株式会社アトリエ・天工人(テクト)、日本航空株式会社(JAL)ら3社による「平戸城「城泊」JV」(共同企業体)は7月11日、長崎県平戸市が実施する平戸城の懐柔櫓(かいじゅうやぐら)の宿泊施設化において、正式契約を前提とする基本協定書を締結したことを発表した。
合同会社FANGOWは7月8日、東京都の23区内で観光客に向けたデリバリー・レンタサイクル 『WHeeLING TOKYO(ウィーリング・トーキョー)』のサービスを開始した。
プレスリリース · 2019/06/28
訪日台湾人観光客向け 日本の交通ルール注意喚起動画を公開 株式会社パム(本社:沖縄県那覇市、代表取締役:長嶺由成)が運営する訪日外国人向け旅行サイト「Tabirai Japanレンタカー予約(租車比較・預約網 )」は、増加する訪日台湾人観光客の交通事故を防止する為、自国と日本との交通ルールや文化の違いなどを紹介する動画を台湾で人気のYoutuber、iku老師と共に作成しました。
2020年、おもてなしの心を込めた外国人ドライバーが五輪の街を走る! 政府が訪日外国人4000万人の目標を掲げる五輪イヤーに向け、東京都内のタクシー業界にも「国際化」の波が押し寄せている。
東京2020オリンピック・パラリンピック開催まで、あと1年と少し。チケット販売も佳境を迎え、来年の夏には多くの観光客が観戦のため日本を訪れることでしょう。
伏見稲荷大社(京都市伏見区)境内の稲荷山山頂付近にある小さな私設ポストが、訪日外国人旅行者らの人気を呼んでいる。
茅野市で英国式庭園「蓼科高原バラクライングリッシュガーデン」を運営する光和創芸(東京)は、複数の庭園と連携して誘客を図る「ガーデンツーリズム」を始める。

さらに表示する