ブログカテゴリ:インバウンドニュース



2020年、おもてなしの心を込めた外国人ドライバーが五輪の街を走る! 政府が訪日外国人4000万人の目標を掲げる五輪イヤーに向け、東京都内のタクシー業界にも「国際化」の波が押し寄せている。
東京2020オリンピック・パラリンピック開催まで、あと1年と少し。チケット販売も佳境を迎え、来年の夏には多くの観光客が観戦のため日本を訪れることでしょう。
伏見稲荷大社(京都市伏見区)境内の稲荷山山頂付近にある小さな私設ポストが、訪日外国人旅行者らの人気を呼んでいる。
茅野市で英国式庭園「蓼科高原バラクライングリッシュガーデン」を運営する光和創芸(東京)は、複数の庭園と連携して誘客を図る「ガーデンツーリズム」を始める。
東京で爆買いし、箱根と富士山に寄って京都に入り、最後は大阪のUSJで遊んで帰る。そんな中国人観光客のゴールデンルートが変わりつつある。目指すは地方だ。何のために?
国土交通省は10日、全国の「道の駅」の機能を充実させるための案を有識者会議に提示した。
外国人旅行者が興味を持つのは、“日本の日常”! 日本を訪れる外国人旅行者が急増しています。
政府観光局(JNTO)が発表した「訪日外客数(訪日外国人数)の年間推計値(PDF)」によると、2018年12月時点の観光客数は前年同月と比べ、約11万人増加の263万2,000人と過去最高を記録。
2019年4月6日、人民日報は、日本メディアの報道を引用し、日本ビザの申請がオンラインでも可能になると伝えた。
観光庁は、3月29日、インバウンドの医療に関する実態調査、ならびに受け入れ環境の整備強化を行ったことを発表しました。

さらに表示する