ブログカテゴリ:成功事例



昔の上野を知っている人ならば、その個性はかなり薄らいだと感じるかもしれない。かつて薄暗い雰囲気のあった駅の構内にはオシャレなショップが並び、駅前で独特の雰囲気を醸し出していた西郷会館、聚楽のレストランもいまはない。
外国人旅行客が日本に来る「インバウンド」という言葉が注目されるようになってから久しいが、いち早く外国人観光客の取り込みに成功している温泉地がある。
2016/03/01
ここ1、2年の間で、大阪の街の景観は大きな変化を見せている。LCC(格安航空会社)の発着点となる関西国際空港の利用者が激増したこともあり、市内では大挙する訪日外国人客を見ない日はない。その恩恵を受け、経済面でも多大な影響を受けている。...
2015/07/24
島根県出雲市のJR出雲市駅前の商店街に、昭和の時代に使われていた元旅館を改装した素泊まりのゲストハウス「いとあん」がオープン、旅行客を呼び込んでいる。1泊2800円の料金は「利用しやすい」と外国人にも評判だ。  オーナーは地元出身の熱田糸帆さん(31)。今後、商店街の空き店舗の活用を進め、カフェや観光案内所なども開く予定。...
2015/05/27
日本政府観光局によると、2015年1月から3カ月間に日本を訪れた外国人観光客は413万1400人で前年同期比約44.7%増。なかでも中国人は92万3500人で、前年同期比で約2倍に膨れ上がった。今年1月19日にビザ発給要件が緩和されたからだ。...
2014/03/31
2004年に、世界のバックパッカーが集まる聖地、タイのカオサンロードの名を冠し、世界からの旅人を受け入れるゲストハウスとして、第一号店となるカオサンオリジナル店を浅草にオープンさせた、日本におけるゲストハウスのパイオニア「カオサングループ」。...
2014/03/24
2020年の東京五輪開催も決まり、訪日外国人観光客の増加が予測されている日本。もしあなたに外国人の友人ができて「日本を案内してほしい」と頼まれたら、どこに連れて行くだろう? 築地市場?秋葉原?富士山? それともやはりテッパンは京都だろうか?...
2014/02/04
 日本政府観光局は、日本を訪れた外国人旅行者の数が、昨年初めて年間1000万人を超え、過去最高の1036万人となったことを、先ごろ発表した。東京都の発表では、一昨年、東京を訪れた外国人旅行者は、約556万人だったという。2020年のオリンピック開催を控え、この数字は、今後ますます伸びていくだろう。...
2014/02/04
大阪の梅田スカイビルが、建設後20年の時を経て、突然外国人旅行者の間でブームとなっている。火付け役は英タイムズ紙。2008年に「世界を代表する20の建造物」として、アテネのパルテノン神殿やシドニーのオペラハウスとともに、「スリル満点」な建物として梅田スカイビルを紹介していた。...
2013/10/31
週刊東洋経済」(東洋経済新報社/10月19日号)は「『おもてなし』で稼ぐ」という特集を組んでいる。「2020年東京五輪の開催決定もあり、インバウンド(訪日旅行)拡大への道筋ができつつある日本。外国人客を集め、賢く儲けるノウハウは何か」という内容だ。...

さらに表示する