カテゴリ:民泊



宮城県の東松島市は、市内の観光名所や特産品を紹介するPR動画を2本制作し、インターネットで公開している。多言語に対応し、訪日外国人旅行者(インバウンド)に市の魅力を売り込む。

銭湯が民泊と連携し訪日外国人客(インバウンド)を呼び込もうとする取り組みが、大阪で進んでいる。利用客の激減で先細りする銭湯にとっては窮余の一策だが、体験型の観光を提供できる上に浴室を清掃する手間が省けるなど、民泊にもメリットはある。

政府は12日、「観光ビジョン実現プログラム2018」を策定した。  17年9月から18年6月にかけて8回開催した「観光戦略実行推進タスクフォース」にて検討。20年の訪日外国人旅行者数4,000万人等の目標の達成に向け、急速に進む個人旅行化と、それに伴う地方への展開、体験型観光への関心といったインバウンドの変化に対応した高次元の施策の具体策を示した。

 住宅で宿泊事業を行う「民泊」の新法施行により、全国の住居専用地域で民泊が開設できるようになる。

2017/11/17
一般住宅に旅行者などを有料で宿泊させる「民泊」について
2015/11/09
中国を中心に訪日外国人客が激増する中、これまで政府が掲げてきた「2020年までに2000万人」という目標を15年中に達成できる可能性も出てきた。統計を見ると、アジアだけでなく欧米からの観光客もかなり増えているようだ。...