ブログカテゴリ:訪日外国人旅行



年間を通じて観光客でにぎわう京都。外国人観光客からの人気も高く、京都市の調査では9割以上が「観光に満足した」と答え、伝統文化や治安の良さ、街の清潔さなどが高い満足度につながっているようだ。
 住宅で宿泊事業を行う「民泊」の新法施行により、全国の住居専用地域で民泊が開設できるようになる。
2018年4月3日、中国メディアの環球網は、今年1〜2月に日本を訪れた外国人客を国・地域別に見ると、韓国が中国を上回り最も多かったと報じた。
日本を訪問する外国人観光客(インバウンド)は年々増加しています。政府が掲げる観光立国実現に向けて、インバウンドをターゲットに夜の娯楽を充実させて消費活動を喚起するナイトタイムエコノミーに注目が集まっています。カジノを含む統合型リゾート(IR)なども検討されており、将来的に年間4,000億円規模に成長すると期待されるナイトタイムエコノミーについて解説します。
2017年の訪日外国人(インバウンド)は2800万人を超え、消費額は4兆円を突破した。食欲も旺盛で、飲食への支出は今年1兆円規模にまで拡大する見通しだ。
ビックカメラは8日、仮想通貨ビットコインによる決済の上限を、現在の3倍となる1会計あたり30万円相当へと変更した。
2017/09/15
昭和60年代から平成にかけてのバブル期などに人気を集めたディスコ「マハラジャ祇園」が13日、京都市東山区の祇園会館で営業を再開した。
2017/09/08
農林水産省は5日、農山漁村滞在型の旅行である「農泊」の普及、促進につなげようと、外国人観光客をどう受け入れるかや、地域資源の有効活用法を議論するシンポジウムを熊本市で開いた。出席者からは「地域が持つ価値を正当に評価し、もうかる仕組みをつくるべきだ」「光るコンテンツを見いだすことが大切」といった声が上がった。...