カテゴリ:3月



インバウンド客の影響大!?スノーリゾートの現状と今後の打開策 パート2
パウダースノーが欧米豪に大人気の日本のゲレンデ・スノーリゾート。コロナ禍において集客が困難な中、どのような課題と打開策があるのか。

自転車観光、中東遠でも 県西部地域局が広域ルート試走
日本各地及び各国からサイクリストを呼び込めるか可能なルート開拓となるか。サイクリング試走で地域活性へ!

いざ花盛り!世界に魅せつけよう桜の舞
日本の伝統習慣「お花見」。コロナ禍の自粛により厳しい状況の中、どのようにこの伝統を守りつつ世界に発信することが重要なのか。

嵯峨野トロッコ列車の360度動画を有料配信 嵯峨野観光鉄道がバーチャル乗車発信
嵯峨野トロッコ列車の嵯峨野観光鉄道が四季をバーシャル乗車で楽しむ配信型観光体験販売開始!

インバウンド客の影響大!?スノーリゾートの現状と今後の打開策 パート1
20年と21年コロナによって厳しい状況と化したスノーリゾートの現状と今後を切り開く為に

観光業はどうやって生き残りを図るべきか 新型コロナウイルスの影響で日本を訪れる外国人観光客の数が減っている。京都も浅草も鎌倉も歌舞伎町も……ここ近年の賑わいをすっかり失い、一部では外国人観光客の大量キャンセルにより廃業を余儀なくされたホテルも出たという。

観光庁 新型コロナウイルスによる対応、約36億円の予備費使用3月10日に閣議決定

3月11日、東日本大震災の発生から9年を迎えた。復興の道はまだ半ばだが、あらゆる面で取り組みが続けられている。観光においても、このほど観光庁がまとめた2019年の宿泊旅行統計調査の速報値において、東北6県の外国人延べ宿泊者数が155万8千人泊となり、政府が定めた目標を1年前倒しで達成。

One Asiaのビジョンをかかげ、アジアを舞台に、エアトリ旅行事業、訪日旅行事業、ITオフショア開発事業、ライフイノベーション事業と投資事業を手掛ける株式会社エアトリ(本社:東京都港区、代表取締役社長 兼 CFO:柴田 裕亮、証券コード:6191)は、20代~70代の男女967名を対象に「人気観光地」に関する調査を実施しました。