新型コロナウイルス対策支援コラム記事


新型コロナウイルスによる緊急事態宣言解除後の次なる準備について今、日本がすべきこと、できることについて

新型コロナウイルスが収束していく過程を含めて終息後の世界をアフターコロナとした場合、旅行業界が迎える変化を考察します。

緊急事態宣言が5月31日まで延長され、休業や休校などが引き続き求められ生活に様々な影響が大きく出だしている状況であるかと思います。

世界中でテレビ、オンライン動画の視聴数が増加 新型コロナウイルスの影響で世界中でStayHome状態となっています。その為、アフターコロナに向けたインバウンドプロモーションにとって動画配信が有効な施策の一つとなります。

新型コロナウイルス禍で在宅業務を余儀なくされている方も多いと思います。 実際弊社も旅行業は休業中で広告代理店業務については在宅ワークに4月から完全に切り替えています。 さて、在宅ワークとなるとネットミーティング(テレフォンカンファレンス:通称テレカン)が必要となってくる場合がありますね。

■インバウンドと越境ECの相乗効果を考える 海外に向けて自社商品を販売する一つの手法として、越境ECがあります。 越境ECとは、一般的には通販サイトを利用した国外ユーザーとの取引のことですが、世界中のインターネットユーザーを顧客にできる可能性がある為、国内の既存顧客以外に販路拡大が期待できるサービスです。...

新型コロナウイルスの禍により日本全国に緊急事態宣言が発令されたことにより、各地各企業での様々な懸念が広がっています。 少しでもお役に立てますよう情報を集め皆様とシェアできるように特設ページを設けました。