インバウンド 成功事例

訪日客が殺到!老舗商店街のスゴい「仕掛け」~数万円の高級包丁が飛ぶように売れるワケ

ここ1、2年の間で、大阪の街の景観は大きな変化を見せている。LCC(格安航空会社)の発着点となる関西国際空港の利用者が激増したこともあり、市内では大挙する訪日外国人客を見ない日はない。その恩恵を受け、経済面でも多大な影響を受けている。

 

訪日外国人というと、昨年度の流行語大賞となった、中国人観光客による「爆買い」の印象が強い方も多いかもしれない。しかし、大阪ではツアーでルートが決まっている中国本土からの団体旅行者よりも、個人旅行者が多い台湾、香港からの訪日客をターゲットにしたビジネスが加速している。

 

台湾で最大規模の旅行会社「スタートラベル」の日本販売担当の槨永勝氏によれば、訪日客の旅行スタイルは多様化しているという。「台湾では現在、空前の訪日ブーム。1度だけでなく、3回、4回と日本を訪れるケースが多い。旅行先も、日本人でも行かないようなコアでディープな場所にまで足を運びます。寺院はもちろん、安価な飲食店や、専門性が高い日本製品などが買える場所が特に人気が高い。百貨店や家電量販店よりも、その街ならではのモノづくり体験、飲食店、商店街に注目が集まっていますね」(槨氏)。

 

現在、大阪のホテル稼働率は90%を超えるなど全国でも有数の高水準をキープ。市内の予約は困難で、宿泊価格も平日でも1.3~1.5倍程度まで高騰している。堺市など郊外にも旅行客が流れており、ミナミやキタといった繁華街に限らず、資金力に乏しい小さな店や会社にまでビジネスチャンスが拡大。個性溢れる商店街も存在感を放ち始めている。今回は、そんな大阪の商店街の実態に迫っていきたい。

 

 

単価数万円の包丁が飛ぶように売れる!

 

ミナミの中心地からほど近く。わずか160m程度の小さな商店街が今、外国人観光客でごったがえしている。千日前道具屋筋商店街だ。同商店街は、大阪商工会議所によって、昨年度のインバウンド消費を盛り上げた「活力グランプリ」に選出された。

 

同商店街は、「くいだおれの街」大阪の料理人を支える調理具や厨房機器に特化した専門店街だ。東京・かっぱ橋道具街の大阪版といえば、すこしイメージがわくだろうか。

 

たとえば、商店街の中にある「堺一文字光秀」は、包丁の販売に特化した専門店。1本あたり2万~30万円と単価の高い商品を中心に販売しているが、これがよく売れているという。

 

同社の田中史朗氏は言う。「弊社の包丁は、決して安くはありません。ただ、アジアの方々を中心に、観光客だけで1日あたり20~30本が売れています。特に3年前からは、安定して売上げは伸び続けています。お客様の用途は、料理人から、個人の趣味まで様々ですね」

 

同じく商店街の古株である、漆器や和食器販売店である「大阪漆器」もインバウンド客でにぎわっている。創業113年の歴史を持つ同社では、現在、売り上げの2割以上は訪日客が占めているという。

 

 

インバウンド客で賑わう店の”仕掛け”

 

販売員の田中義隆さんはこう語る。

お店の取り扱い商品、内装や外装は、外国人客さんの休日などを予測し、数カ月単位でごっそり変えます。具体的には、中国の春節前は、中国本土からの方が増えるので、中国で人気のある『金』を使用した高単価な商品の数を増やす。ヨーロッパのお客様が多い月は、イタリアやフランスのカラーをモチーフにした商品を大量に仕入れるようにしています」

 

もともと、道具屋筋商店街全体がプロの卸屋集団。だから、仕入面などで小回りを効かした店舗づくりが可能なのだ。

 

商店街を訪れていた観光客に聞くと、こんな声が聞かれた。

 

「台湾では、ここまで質の高いプロフェッショナルな専門器具販売店が一箇所に集まる場所はない。外国語対応も可能で、安心して買い物できる」(台湾・37歳 陳漢陽さん)

 

「3度目の来日でコアな場所に来たかった。WIFIがあって、情報収集もできる。ストリートの裏には面白い飲食店も多く、魅力的な場所です」(韓国・21歳 カン・エンジンさん)

 

「香港の友人からの口コミで商店街の存在を知った。私は香港でレストランを経営しており、包丁を目的に来た。ただ、包丁の他にもたこ焼き機、鍋も買ってしまいました。笑」(香港・50歳・黄鉱凱さん)

 

ここまでにぎわう商店街になった背景には、同商店街振興組合の20年に及ぶ戦略的な取り組みがある。

 

同組合の千田忠司理事長が振り返る。

 

「私たちはもともと狭い市場を狙う専門商店街です。少子高齢化が進んでいく中、将来的に必ず国外からの消費が必要な時代が来ると考えていました。そこで20年以上前から、アジア全域に足を運び、『どうすれば外国人客を誘致できるか』ということを模索してきた。結果的にわかったのは、ミナミには食、文化と観光資源はあるということです。あとは、いかにインフラを整えるか。どう魅力を伝えるかが大切という結論に至りました」

 

千田氏がまず着手したのは、外国語版HPの開設。英語、韓国語、中国語対応からスタートし、東アジアのSNS対策として、商店街単独で無料WIFIを開放した。また、全国的にも先駆けて、免税商店街としての試みをスタート。該当店がひと目でわかる「免税アプリ」の開発、接客がよりスムーズになる「同時通訳アプリ」も導入した。現在は、同商店街の取り組みに注目する自治体や行政機関からの視察が定期的に入り、各都市との連携も加速させている。

 

 

商店街の活性化を後押しした、”新顔”の奮闘

 

こうした老舗や組合の奮闘に加え、商店街の“新顔”の活躍も商店街の飛躍に一役買っている。

たとえば食品サンプルの専門店・デザインポケット。同店は、同商店街に出店してまだ数年の新規参入組だが、2011年に「モノづくり体験」という新しい取り組みを開始。商店街に出店した後、各店と協力して、食品サンプルをはじめ、近隣の寿司店、ちょうちん職人、チョークアート体験などを開始。観光客に人気となり、商店街の新たな売りとしてすっかり定着した。

 

「2011年当時は、食品サンプル全体が衰退気味という状況。そんな中、いかに文化を途絶えさせないかを考えての出店でした。私たちは商店街の中では新顔ですが、みなさんに協力いただき少しずつ結果が現れてきました。旅行会社との連携もあり団体、個人客ともに順調に推移していますね」(デザインポケット広報担当者)。

 

外国語版HPの開設といった外部インフラ整備を地道に進める組合と、商店街の中で店を構える老舗、新規参入組それぞれの奮闘。それらが組み合わさって実現したのが、現在の商店街の繁栄なのだ。

 

地方のイチ商店街という枠に収まらない、インバウンド集客のモデルケースといってもいいのではないだろうか。

 

もちろん、始めからスムーズに運営が行われていたわけではない。近辺には、宗右衛門町商店街、道頓堀、戎橋商店街、心斎橋筋商店街といったメインストリートの存在がある。最初は、組合加盟の店舗から協力を仰ぐのも困難だったという。まずは、近隣の協力を得ることからスタートした。そんな状況で千田氏が重要視したのは、商店街という点ではなく、エリアという面での戦略だった。

 

 

「リトルトーキョー」ではない魅力を出せるか

 

「近辺には関西を代表するような巨大な商店街がある。そら、自分たちだけで大きな話しを持っていってもダメですよ。大阪人は儲かるとわかる話しには乗りますが、なかなか最初の一歩は踏み出さない。何枚もの企画書をまとめ、近隣する商店街、行政や旅行会社をまわり、ミナミのエリア全体での集客を考えました。そのことが、必ず自商店街の未来にも繋がると信じていましたので」

 

千田氏と同じように考える関係者も増え、2010年頃から官民一体でのなんば・心斎橋エリアでのインバウンド対策がスタート。ミナミにしかない独自の文化を全面にうたい、旅行客の集客につなげている。

 

ここ数年の大阪では、梅田駅周辺の大阪北ヤードの開発、「あべのハルカス」を中心とした阿倍野再開発など、市内には大型のショッピングセンターが続々と誕生している。ミナミでも、観光客向けに通常の価格の1.5倍程度の価格で商売をする店舗も出てきた。千田氏はそんな状況に警鐘を鳴らす。

 

「北も阿倍野も含めて最近の大阪は、『リトルトーキョー化』していると感じます。悪くいえば、没個性化してきている。ただ、それでは長い目で見ると大阪から観光客は離れていく。観光客向けの高単価な商売も淘汰されていくでしょう。今あるものを活かしながら、新しいものを提供する。そんな姿勢がいちばん大切だと思いますね。実際に私達も、ミナミでしかできない、自商店街でしかできない伝統的なモノづくり体験を提供するなど、企画面を強化しています」

 

取材の最後に、千日前道具屋筋商店街の千田氏はこんなことを力強く話してくれた。「今の訪日バブルは少なくてもあと5、6年は続くでしょう。そんな中、私たちのような資金力がない小さな商店街でもできることはある。立地や行政との兼ね合いという壁は、アイデアや行動で必ずカバーできます。今からは取り組み始めても、決して遅くはないと思います」

 

閑古鳥が鳴く商店街は全国に無数にある。でも、やり方を工夫すれば、活気のある商店街に蘇らせることもできる。千日前道具屋筋商店街のケースは、そのことを私たちに教えてくれるのではないだろうか。

 

出典:東洋経済オンライン

http://toyokeizai.net/articles/-/105945

 

0 コメント

昭和の元旅館をゲストハウスに 外国人にも評判 島根・出雲

島根県出雲市のJR出雲市駅前の商店街に、昭和の時代に使われていた元旅館を改装した素泊まりのゲストハウス「いとあん」がオープン、旅行客を呼び込んでいる。1泊2800円の料金は「利用しやすい」と外国人にも評判だ。


 オーナーは地元出身の熱田糸帆さん(31)。今後、商店街の空き店舗の活用を進め、カフェや観光案内所なども開く予定。


 きっかけは、東京の大学卒業後、神戸市でウェブ関連の会社で約2年間働いていたときに住んでいたシェアハウスでの経験。「さまざまな人たちとつながることは楽しい」と考え、地元にも広めようと昨年、会社を辞めてUターンした。


 当初はシェアハウスを作ろうと空き家を探したが、紹介されたのは元旅館。駅から徒歩約5分の立地は出雲大社にもアクセスしやすく、近くに温泉や繁華街もあり、「出雲を楽しみやすい」と方針変更した。


 5つの客室は和室で、それぞれデザインが異なる飾り窓などはそのまま残すことに。改装に約2カ月かけ、外国人や若者に地元文化を知ってもらおうと、ふすまに特産の「斐伊川和紙」を使った。


 3月のプレオープン以降、ほぼ毎日予約が入る人気ぶり。熱田さんは「多くの観光客に立ち寄ってもらえるような地域づくりをしたい」と話す。


出典:産経WEST

http://www.sankei.com/west/news/150720/wst1507200047-n1.html

0 コメント

急増する中国人観光客 「インバウンドビジネス」は個人を狙え

日本政府観光局によると、2015年1月から3カ月間に日本を訪れた外国人観光客は413万1400人で前年同期比約44.7%増。なかでも中国人は92万3500人で、前年同期比で約2倍に膨れ上がった。今年1月19日にビザ発給要件が緩和されたからだ。

 中国人の"爆買い"に「インバウンドビジネス」(訪日外国人を対象にしたビジネス)での商機を見出した有名デパートや家電量販店、ドラッグストアなどの小売業界は、あの手この手でガッポリ稼ごうとシャカリキ。銀座や秋葉原に加えて、最近では約190店舗のうち半数近くが免税店というヴィーナスフォートなど、大型商業施設がひしめくお台場が連日大賑わいだ。

 こうした中国人相手のインバウンドビジネスは、今後も大きな成長が見込まれるが、実は課題も抱えている。

「免税の対象になる品物を急ピッチで増やすなど、受け入れ体制を着々と整えているのは大手企業ばかり。個人経営店や小規模な小売・サービス企業は、中国人観光客で売り上げを伸ばそうにもノウハウがないのが現状です」(飲食業界関係者)

大手は商品の品揃えや在庫が豊富で、しかもその多くが免税となれば、個人経営店がまともに勝負できるわけがない。何か突破口はないのか。中国人観光客の動向に詳しい広告代理店「サンワードメディア」の川島顕社長がこう言う。

「狙い目は個人の旅行客です。現在は中国人観光客の6割が団体旅行ですが、今後はどんどん個人旅行へとシフトしていきます。すでにツアーで決められた定番スポットを体験済みのリピーターや富裕層の多くは、団体客が来ない店に行き、日本人のキメ細やかなサービスを受けたがっています。個人経営店は、接客などのソフト面を上手にアピールできれば、きっと集客につながります」

 PRの手段で手っ取り早いのは、日本を紹介する中国語のフリーペーパーやガイドブックに、お金を払って店を紹介してもらうこと。"日本フリーク"とも言えるマニアックな個人旅行客は、在日中国人の口コミや「微信」などの中国SNSが情報源だそうだが、こちらはハードルが高そうだ。

 最後に些細なことだが、川島氏は「中国で最もポピュラーなデビット・クレジットカード<銀聯カード>が使えることは意外に大事」という。同カードは中国で40億枚以上発行され、日本国内では"爆買い"での利用が急拡大している。

 小さな店にもチャンスはあるのだ。


出典:日刊ゲンダイ

http://nikkan-gendai.com/articles/view/life/160174/1

0 コメント

2014年アジアNo1のゲストハウスに輝いた「カオサン東京·浅草歌舞伎店」の秘密に迫る!マネージャー北林ちえこ氏インタビュー!

2004年に、世界のバックパッカーが集まる聖地、タイのカオサンロードの名を冠し、世界からの旅人を受け入れるゲストハウスとして、第一号店となるカオサンオリジナル店を浅草にオープンさせた、日本におけるゲストハウスのパイオニア「カオサングループ」。

 

その後、カオサンアネックス、カオサンスマイル、カオサン忍者、カオサン侍、カオサン歌舞伎、カオサン福岡、カオサン別府、カオサン福岡アネックス、カオサンラボラトリー、カオサンシアター、カオサン浅草旅館&ホステル、カオサン札幌と規模を拡大。現在、東京・京都・福岡・別府・北海道に展開している。

 

元々はバックパッカー向けの宿泊施設であったが、近年は訪日観光の盛り上がりもあり様々な国から、旅人だけでなく一般的な個人観光旅行者やビジネスマンも利用する。東京の店舗では、日本人の旅行者や就活生の宿泊者も多数いるという。

 

そんな「カオサングループ」の東京・浅草にある「カオサン東京歌舞伎」が、世界のホステル・ゲストハウス・バックパッカーズを最も網羅するネット宿泊予約サイトであるHostelworld.comが毎年発表している、世界的に最も権威があるとされる『ホステルアワード』の小規模ホステル部門(50ベッド以下)でアジアナンバーワンの座に輝いた。

 

そこで今回、カオサン東京歌舞伎店マネージャー北林ちえこさんに、その秘訣と秘密を聞いた。

 

ーこの度は受賞おめでとうございます。率直にどのようなご感想ですか?

北林さん(以下、敬称略)「ありがとうございます。本当に驚いています。どうしてウチが?と最初は信じられなくて疑いました。何度も確認して、それでも信じられなくて。(笑)」

 

ーそれでは早速、一気にハードルを上げて質問します。どこのホステルやゲストハウスでも、宿泊者の満足度を上げようと、あの手この手で数々の努力をされています。私は見ていて、本当に頭が下がる思いがします。そしてどの宿も、他の宿で好評なものはすぐに取り入れて実践しています。この業界もそう簡単には差別化して優位に立てないと思うのですが、いったい何が宿泊者に評価されたと思いますか? 北林「とても難しい質問ですね。いったい何でしょう?教えて下さい。何も特別なことはしていないんです。」

 

ーいえいえ、きっと何かあるはずです。どこのゲストハウスも、建物や設備と立地を簡単には変えられませんよね?北林「それはその通りです。そういった要素とは別にゲストハウスには、この手の宿を選んで宿泊くださる皆さんにとって、他のホテルや旅館などの宿泊業とは何か違う評価基準があると思うんです。だから成立する仕事です。そこだけは大切にしたいし、そこで努力するしかないと思っています。」

 

ーなるほど、ゲストハウスやホステルならではの特性を生かした接客ということですか?

北林「はい、そうなると思います。ゲストハウスは、スタッフ側とお客様の距離がとっても近いですから。」

 

ー企業秘密もあるかと思いますが、距離感について具体的に教えていただけませんか?

北林「お客様の地域別、時には国別に対応を心がけることもあります。日本で例えれば、関東の方と関西の方では違いますよね。」

 

ーそこまで気を配っているのですか?

北林「欧州や北米や中南米、それとカナダ・オセアニア方面からいらっしゃるお客様は、自ら館内のことやレストランや観光スポット、自分が行きたい場所へのアクセスなどをグイグイと尋ねてくれます。なのでフレンドリーに接しながらも相手にとって心地よい適切な距離感を保ちます。逆に国民性や、コミュニケーションを取ることになる英語が十分でないお客様もいらっしゃいますし、アジア方面からのお客様はどうしても遠慮して自己解決しようします。その時こそが我々スタッフが活躍できる瞬間です。」

 

ーその見極めは、やはり経験からくるものですか?

チェックインをしばらく見せていただきましたが、事務的ではなく色々な会話をするのですね? 北林「ご予約を頂いた時から国籍は分っているわけです。何度目の日本なのか?来日して最初の宿泊なのか?すでに他の地域を周って東京にこられたのか。そういったことをチェックイン時に会話の中からヒントとして頂きます。それをスタッフで共有していることが役立つこともあります。」

 

ーとにかくお客様と会話することが重要だと?

北林「はい、共通の会話できる言語が無くて苦心することもあるんです。それで、スタッフみんなで簡単な挨拶や"ありがとう"だけは各国語で言えるように心がけてます。それだけで心配気だったお客様の顔がパッと晴れやかになることもあります。」

 

ーフロント前エントランスに、「いってきます」と「ただいま」の説明が英語で書いてありますね?

北林「はい(笑)、すべてのお客様に、日本語で"いってきます"と"ただいま"を覚えていただきます。私たちは、いってらっしゃい、おかえりー、と声をかけることができますし、外国からのお客様は日本語で会話をすることを喜んでくれます。そういった人間関係を作るからこそ、本気の相談もしてもらえますから。」

 

ーなるほど、信頼を得られることが高い評価につながるわけですね。まだまだ他にも秘密や秘訣がありますよね?

北林「いまお話した程度で、何も特別なことはしていないんです。本当に秘訣はないんですよ、あったら教えて下さい。どちらのホステルやゲストハウスさんもやられている、ごくごく当たり前のことを手抜きすることなく、1年356日安定して提供するようには心がけていますが。」

 

ーここまでお伺いして、「会话」「細やかな国や地域や個別対応」そしてそれを「安定的に年間を通して提供」という3つのキーワードが出てきたように思います。これだけでも凄いことですが、アジアにゲストハウスやホステルが何軒あると思いますか?私も分りませんが、数千軒あるのは間違いないでしょう。その中でナンバー1ですよ!何かまだまだあるはずです。是非ともあと一つだけでも教えていただけませんか?

北林「う~ん、困りましたね。手前どものスタッフの話で恐縮ですが、マネージャーのわたしから見ても、お客様のために必要に応じてビックリするぐらい自由に動きます。」

 

ーはい、それです!カオサン歌舞伎店の秘密はそこにあるのでは?

北林「わたしも我がスタッフながら、感心する時があるんです。フロントスタッフそれぞれに目一杯分担された仕事があります。その他に協力してやる仕事、打ち合わせ、館内掲示の作成や交換、突発的なことも起こります。それでも彼女たちは、そこまでしてあげるの?もう、それはお節介じゃないの?というぐらいにお客様の様々な問題を解決していきます。」

 

ーそのようなスタッフ研修をしているのですか?

北林「そこまでは、まったくしていません。前マネージャー時代からの伝統かもしれません。そこを喜びとしてフロント業務についてくれる彼女たちには本当に感謝しています。それから今回アワードを頂いたのは、お客様のおかげです。とても良いお客様ばかりですから。」

 

ー素敵なゲストハウスには、素敵なお客様が集まるのですね?

北林「本当にありがたいことです。そして、弊社はグループ内にも切磋琢磨する環境がありますので。ウチよりも大きく設備も良く新しいホステルがグループ内に3軒、4軒、5軒と次々にオープンしました。日々、ウチの環境の中で可能なできることを手抜き無く目一杯、年間通して安定的にやっていく他に方法はないと考えています。」

大変、ご多忙な中を、お時間を頂きインタビューさせていただき、ありがとうございました。

 

 

(向井通浩/ GuesthouseToday编集长)

外国人が喜ぶ!意外な観光スポット

2020年の東京五輪開催も決まり、訪日外国人観光客の増加が予測されている日本。もしあなたに外国人の友人ができて「日本を案内してほしい」と頼まれたら、どこに連れて行くだろう?

 

築地市場?秋葉原?富士山? それともやはりテッパンは京都だろうか?

――そう考えるのが、一般的な日本人の感覚だろう。築地市場にはマグロ解体ショー目当ての外国人観光客が引きも切らずにやってくる。秋葉原にもお土産とオタクカルチャーを求めて訪れる人は多い。

 

「でも、それだけじゃないんです。彼らが喜ぶスポットや体験はもっと身近にたくさんあります」――そう語るのは、じゃらんリサーチセンター副センター長の横山幸代さん。

 

「確かに築地や秋葉原は人気スポットですし、東京-富士山-京都を巡る“ゴールデンルート”は日本観光の定番。でも、それは私たちが初めてイタリア旅行に行ったとき、ローマ-フィレンツェ-ベネツィアを駆け足で回るようなもの。一度は巡ってみても、二度目に訪れるとき、同じコースをたどるだけでは物足りなさを感じますよね。旅の醍醐味は、現地の人や異文化と触れ合うこと。その感覚は日本に訪れる外国人観光客も同じなんです」

 

そのキーワードともいえるのが「日本の生活文化体験」だ。庶民の暮らしこそが“観光資源”であり、日本へのリピーターを生み出す原動力になるという。

 

「たとえば食事。彼らは私たちが日常的に通うような寿司屋や居酒屋、ラーメン屋、焼肉屋なんかに連れて行くと、すごく喜ぶんです。従来の外国人向けツアーの場合、大型観光施設やホテルで食事をとるケースが多かったのですが、そういった場所で“団体客”として食事しても、日本人とは触れあえませんよね。それよりも、庶民が一杯やっている居酒屋で徳利を傾けて日本酒を初体験するほうが新鮮です。隣のテーブルで日本人が何を飲んでどんなつまみを食べているか――そういった生活文化にこそ“発見”があるんです」(横山さん)

 

横山さんがそう確信するようになったひとつのきっかけは、以前、タイで行った実証調査だという。経済成長目覚ましいタイやインドネシアからの訪日客は、ここ数年著しく伸びている。そこで、じゃらんリサーチセンターは、彼らの志向を探るべく「旅行先としての日本への関心」について調査を行ったのだ。

 

その結果、ここでも意外な関心事が浮かび上がってきた。彼らは、神社仏閣より「雪」や「紅葉」など「四季」を感じられる自然に興味をもっていたのだ。確かに、亜熱帯の国ではいずれも体験できない“非日常”。さらに日本のイチゴの美味しさに感激してイチゴ狩りに強い関心を示したという。

 

横山さんによると、欧米からの訪日客が「うんちく好き」なのに対し、アジアからの訪日客は「体験好き」なのだとか。実際にやってみて、深く身に沁みるような体験を好む人が多いという。上で紹介したタイの調査でも、「露天風呂」はもちろん、「足湯」や「砂湯」も“やってみたい”と好評だったとか。

 

2013年の訪日外国人旅行者は過去最高の1036万4000人に上った。そのうちアジアからの訪日客は7割を占める。2020年には2500万人もの訪日客が見込まれているが、仮に同シェアだとすると、アジアからの訪日客だけで1750万人。東京都の人口をはるかに上回る規模の旅行客が訪れるわけだ。

 

ならば、せっかく日本を訪れてくれた訪日客をいかにして「リピーター」にし、楽しんでお金を落として頂くか? そのカギを握るのは、外国人目線で日本の生活文化を再評価し、体験商品をプロデュースしていく「想像力」と「創造力」にありそうだ。

 

出典:R25

http://r25.yahoo.co.jp/fushigi/wxr_detail/?id=20140319-00035211-r25&vos=nr25ln0000001

新着情報会社概要お問合せインバウンド観光SNS活用 | WEB広告 | 紙媒体 | 多言語対策| TV・イベント・交通 |

 

 | インバウンド観光ニュース | インバウンドセミナー | イベントカレンダー | 知っておきたい訪日観光 | お役立ちBOOK

 

 訪日外国人誘致成功事例 | お役立ちツール訪日ツアー造成情報インバウンド観光対策(訪日外国人対策)特集

 

格安訪日旅行者WIFI | タイ | マレーシアー | ベトナム | シンガポール | 香港 | 台湾 | 中国 | 韓国 | フィリピン | インドネシア | 

 

このサイトはInternet Explorerにて表示の際、正しく表示されない場合がございます。