巣ごもり需要!? 今売れているモノから見るミライ

18:50配信

巣ごもり生活で様々な事に日々気づき手放したモノ、新調したもの、利便性を再認識したものなどあるかと思います。

食事にしても自宅で食べる事が増え、自炊をする方も増えたのではないでしょうか。

マスクや殺菌・消毒液関係商品の需要増加が増えたことは当然のことですが、その他でこのコロナ禍で売れているものから見えてくるミライを考えてみました。

 

■食品の変化

在宅ワークをしつつ自炊回数が増えた分、食にこだわりを持つ方も増えなるべく新鮮なものやちょっと贅沢なものの売れ行きが伸びているということ以前に触れました。

では、他にどのようなものの売上が伸びているでしょうか。

・豆苗 - 20208月の売上高が過去最高を記録。天候の変動によって葉物野菜の価格が高騰しており、一度使ってもまた伸びて23度食することが可能な豆苗は家計を助ける野菜として人気が高い。

また、在宅が増えたことで栽培する手間さえも楽しめることもひとつの要因ではないでしょうか。

 

・小麦粉 - 巣ごもり時間を有意義に過ごすところから手作りでお菓子作りやパン作りなどに挑戦する方も増えたとのこと。バターやエッセンス系などその周辺材料も共に需要が高いようです。

・冷凍食品 - 一般的に昼は外食が多い中、朝食夕食以外の昼も自宅で調理することが増えた関係から1日の家事の負担を軽減する部分として需要が高いとか。

・乾燥食品 - 緊急事態宣言(ロックダウン)がいつ発令されても大丈夫なように日持ちする食品として、また災害時にも備えて。

・缶詰 - 上記乾燥食品と同様。

アフターコロナや災害時にも役立つ食品はお財布にも精神的にも支えとなっている。

また、食品を保存する袋やグッズなども増加。

 

 

■電化製品

・ホットプレート - BBQコンロなどを含む。家事負担の軽減やおうちでキャンプ気分を楽しむ需要が高まり、庭が無くてもベランダで楽しむベランピングといったスタイルでキャンプ用品の需要も。

・美容健康機器 - 3密を避ける為、美容関係の店舗へ行くことが難しいなどの理由から自宅で気軽にエステや美容ケアをするする方が増加。

 ・ウェブカメラ - 在宅勤務やテレカン、Zoom飲みといった需要から4倍以上の売上。またその周辺機器も同様に売上が増加。

・体温計 - コロナ対策として各人の感染対策の意識が高いことから。

・加湿器 ― インフルエンザ予防も相まって3倍以上の売上。

 

 

■その他

・ジグソーパズル - 在宅時間が増えたことから。

・入浴剤 - 温泉旅行に行けないことから気分だけでも味わいたい心境から。

・非接触グッズ - 吊革などを利用する際に接触を避けるためなど。

・オンデマンド関連 ― 動画配信サービスなどを楽しむ時間が増えた。

・オンライン学習サービス - 3密を避け学習する為。

 

ビフォアコロナに比べ、外出を最小限にという意識が高まり旅行に出かけることが減少した流れから自宅で旅行気分を味わう方や少し贅沢な時間を過ごす方が増えた反面、先の見えない経済の動きによる不安からお財布の紐がタイトになっているという現実も見えてきました。

また、家事が増えたことで日常の負担を少しでも軽減するための時短グッズや思うように外出できない日々のストレスからリラックスグッズやご褒美スイーツなどの需要も高いように思います。

在宅時間の快適化から、お掃除グッズやインテリアなどの調度品にもこだわる方も今まで以上に増えたようです。

 

 

■まとめ

在宅勤務が増え通勤など時間の制約から解き放たれたからこそ、自分自身や家族、住まいやその他の環境と向き合う時間が増えた今を大切にしながら世の中の経済を動かすことが重要ではないかと思います。

それと同時にビフォアコロナのように旅行に出かけたり、実店舗での飲食などを気兼ねなく楽しめる環境づくり、そしてコロナ以外の災害への意識も高め日頃より備えを行うことが大切なのではないでしょうか。

 

 

ライター:カイトマウリ(JOINT ONE