知っておきたいインバウンド

中国人旅行客は「このまま日本で生活したい」と思うらしい、日本は暮らしやすい?=中国

法務省の在留外国人統計によれば、3カ月以上日本に滞在する中国人の数は2016年6月末時点で67万7571人に達し、15年の65万6403人から2万人以上も増加した。

 中国メディアの今日頭条はこのほど、日本を訪れる中国人旅行客が増加の一途を辿っていることは「中国人がそれだけ日本を気に入っていることを示す」ものだと主張。訪日中国人のなかには「このまま日本で生活したいと考える人もいるはず」とし、日本は中国人が定住するに適した国なのかを考察している。

 中国では政府の権限が強く、土地は人民の所有物という考え方であるため、強制的な立ち退きや収用が問題となっている。また、中国では政府高官であっても収賄などで有罪になると財産をすべて没収される場合があるのは事実だ。

 記事は「中国と異なり、日本は個人の資産が保障される国」であり、土地を購入しても借地権しか手にできない中国と対照的に、日本は所有権を手にできると指摘した。

 さらに、先進国である日本はすでに成熟した社会が構築されているとし、国民の生活環境や教育、医療、自然環境といった要素のほか、法律や投資、経済、政治による干渉度合いなども非常に成熟していて、暮らしやすいと指摘。また、日本と中国は経済的に結びつきが強固であり、双方の往来も頻繁であるため、中国帰国の際の航空券も安く入手できると論じた。

 一方で記事は、中国人が日本で暮らすうえで頭が痛い点は「地震などの自然災害が多いこと」、「食品の価格が高いうえに外税の消費税があり、中国よりも生活コストが高くつくこと」だと指摘。また、中国国内の「物事が進む速度」に慣れていると、日本は何でも効率が悪すぎると感じてしまうと主張したが、こうした点を除けば日本は中国人にとっても暮らしやすい国であり、中国人が定住するに適した国だと主張している。

 

出典:@ニフティニュース

https://news.nifty.com/article/world/china/12190-20170105_00031/

0 コメント

東京大茶会 外国人観光客が「日本のおもてなしの心」を楽しむ

お茶の文化を気軽に体験できるイベントが、東京都内で開かれ、多くの外国人観光客が、「日本のおもてなしの心」を楽しんだ。

2016年で、9回目を迎えた「東京大茶会」。

今や、「東京の秋の風物詩」といわれるほどの人気イベントとなっている。

秋風が心地いい、緑豊かな野外でお茶をたてる「野点(のだて)」には、外国人観光客も多く参加し、慣れない手つきながらも、茶道を通して、「おもてなし」の心を学んでいた。

アメリカ人は「抹茶は、とてもおいしかった」と話した。

オーストラリア人は「抹茶の苦味は、とても奥深いわね」と話した。

中には、お茶の作法よりも、茶わんの方により興味があるのか、熱心に茶わんを撮影する、外国人男性の姿もあった。

日本にやってくる外国人観光客は、年々増加し、2015年は、およそ1,974万人となったが、その目的は、「爆買い」などの「モノ消費」から、近年は、サービスや体験などにお金を使う、いわゆる「コト消費」に移行しているという。

そこで、東京大茶会でも、「茶道」に加え、「華道」や「着物の着付け」などの体験コーナーも実施。

外国人観光客や日本の若者が、さまざまな和文化に触れられる工夫を凝らした結果、これまでに、およそ15万5,000人を集客したという。

ブラジル人夫婦は、「初めて(着物を)着ています」、「とても着心地がいいです。わたしは、日本映画が好きですし、和食がおいしいです」などと話した。

政府は、訪日外国人観光客数を、東京オリンピック・パラリンピックが開催される、2020年に、4,000万人とする目標を掲げており、今後も、日本の文化を広げるイベントは、関心を集めるとみられる。

 

出典:FNNニュース

http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00339180.html

0 コメント

台風9号首都圏直撃。避難するのは日本人だけじゃないはず

沖縄県と沖縄観光コンベンションビューロー(那覇市、平良朝敬会長、098・859・6123)は、外国人を想定した「台風時一時待機所訓練」を初めて実施した。外国人観光客が増える中、訓練を通じた対応力向上が目的。那覇空港国際線ターミナルと沖縄県立武道館(那覇市)を利用した。

 

 空港で待機所利用の同意を取った後、貸し切りバスで武道館へ移動した。案内方法や動線を確認したほか、待機所の休み心地を体験した(写真)。

 

 一時待機所は航空便の欠航で夜間滞留が発生し、空港施設の収容能力を超えた場合に設ける。実際の対応を想定して訓練も深夜に行った。意見交換とアンケートで課題を洗い出す狙いもある。

 

 航空会社や旅行会社、関係機関などから約70人が参加。うち15人が観光客役となった。高齢者や外国人との設定に応じて、事務局役が日英中の言語で案内した。

 

出典:ニュースイッチ

https://newswitch.jp/p/5818

0 コメント

ドン・キホーテ、訪日外国人向け越境ECサービスを開始へ

ドン・キホーテは10月上旬から、「majica Premium」(マジカプレミアム、仮称)の第1弾サービスとして、訪日外国人観光客向けECサービス「majica Premium Global」(マジカプレミアムグローバル、仮称)を順次提供開始する。

 

「majica Premium」はドン・キホーテグループ独自の電子マネー「majica」(マジカ)会員を始めとした店舗利用者との接点強化を図るサービスブランド。

 

今回提供開始する「majica Premium Global」は訪日外国人観光客がドン・キホーテ来店時に会員登録することで、帰国後、専用サイトやアプリから希望の商品を注文、各国の自宅へ商品を配送してもらえるサービスだ。

 

加工食品・化粧品・日用雑貨などの訪日外国人観光客に人気のアイテムを取りそろえ、中国語(簡体字、繁体字)・韓国語・タイ語・英語・日本語に対応。訪日時にドン・キホーテで購入した商品の"おかわり(リピート)注文"などもできる。

 

訪日外国人観光客が多い店舗の一部でサービスを案内し始め、試験運用後、順次店舗を拡大して利用の促進施策を開始する予定。

 

同グループでは、訪日旅行前の商品予約サービスや国内全店での免税対応・多言語対応のコールセンターの設置・フリーWi-Fi サービス・外貨での決済対応など、多彩なインバウンドサービスを提供している。

 

出典:アスキー.jp

http://ascii.jp/elem/000/001/214/1214766/

0 コメント

オリコ/中国の電子決済サービスアリペイと提携

オリエントコーポレーション(オリコ)は8月8日、中国の阿里巴巴集団(Alibaba Group)の金融サービスを提供しているANT FINANCIAL傘下の電子決済サービス「支付宝(アリペイ)」を日本で提供すると発表した。

 

アリペイは、スマートフォンで表示された「QRコード・バーコード」を販売店舗側の専用端末もしくはPOSレジで読み取ることで簡単に決済が完了するサービス。

 

オリコは、アリペイの加盟店開拓などのアクワイアリング業務を行い、決済インフラの整備と決済サービスを強化することで、訪日中国人のインバウンド需要を取り込み、加盟店の売上拡大に向け支援する。

 

アリペイ導入の第1弾として、ファミリーマートと提携し8月9日から、まずインバウンド需要が高い東京都内の4店から導入を開始し、順次拡大する予定だ。

 

2014年に設立されたANT FINANCIALは、2004年から中国で開始したEC決済サービスのアリペイを中核ビジネスにしている。

 

アリペイは、世界でも有数の決済プラットフォームとして、4億5000万人以上の実名認証ユーザーが利用している。

 

圧倒的な強さを持つネット上のオンライン決済の他に、スマートフォンにバーコード・QRコードを表示させるリアル店舗向けの対面決済サービスを展開し、中国国内の80万の加盟店と海外の7万の加盟店で利用できる。

 

アリペイアプリは、顧客がライフスタイルの一環として利用しているため、アプリから加盟店への誘導効果が非常に高く、認知度向上と売上拡大につながるブランディング効果も見込めるという。

 

出店:流通ニュース

http://ryutsuu.biz/topix/i081014.html

 

弊社ジョイントワンにてアリペイ導入支援行っております。

詳しくはこちら。

0 コメント